えきねっとQ&A よくあるご質問

閉じる

JR東日本

  • 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 1978
  • 公開日時 : 2020/02/04 20:03
  • 更新日時 : 2024/01/10 17:49
  • 印刷

「新幹線eチケットサービス」で利用できる「交通系ICカード」の種類を教えてください。

回答

以下の全国相互利用対象の10種類です。全国相互利用サービス対象の交通系ICカードであれば、「新幹線eチケットサービス」をご利用いただけます。「新幹線eチケットサービス」のご利用には、えきねっとへの会員登録とICカード番号のご登録が必要です。
 
<ご利用可能な交通系ICカード>
 
・Suica(モバイルSuica、Apple PayのSuica、他社アプリで発行されたSuica、モノレールSuica、りんかいSuica、障がい者用Suica)
・PASMO(モバイルPASMO、障がい者用PASMO)
・Kitaca
・TOICA
・manaca
・ICOCA(モバイルICOCA)
・PiTaPa
・SUGOCA
・nimoca
・はやかけん
 
・「地域連携 IC カード」もご利用可能です。
 →「地域連携 IC カード」とは?
地域のバス事業者が運行するバスの定期券や各種割引などの地域独自サービスの機能に加えて、 Suica エリアおよび Suica と相互利用を行っているエリアで利用可能な乗車券や電子マネーなどの Suica サービスが1枚で利用可能な 2in1 カードです。
 
 
<交通系ICカードご利用にあたってのご注意>
・Suicaエリアでご利用いただけない交通系ICカード(特別割引を適用しているICカード等)は、ご利用いただけません。
 
・Suica機器等での最後のご利用日から10年間一度もご利用がない場合、使用できなくなります。
 
・ こどもで申込した予約に、大人の交通系ICカードを紐づけることはできません。子ども用をご用意ください。
 
 
<参考>
⇒ ICカード番号の登録方法について、詳しくはこちら。
⇒「新幹線eチケットサービス」申込方法はこちら。

より良い回答づくりのために、アンケートにご協力ください

ご意見・ご感想をお寄せください お問い合わせを入力されましてもご返信はいたしかねます